株式会社イトウトレーディング

イトウトレーディングはもともと、個人事業として1964 年に岐阜県瑞浪市にて創業されました。現在もこの海のない地で、貿易業を営んでおります。私たちはこれまで「日本の食品を海外へ輸出すること」を中核事業としてきました。また創業当時から、「サービスの革新」と「お客様、メーカー様に付加価値を提案すること」に力を入れることで、事業パートナーやお客様、国内メーカー様との信頼をベースにした関係を作ってきました。

イトウトレーディングの創業者、伊藤孝雄は、岐阜県の小さな村に生まれました。21 歳の時、彼は貿易会社にて仕事を始めます。それから14 年後、彼の起業家精神と事業家としての情熱は、1964 年の伊藤商事(現在のイトウトレーディング)創業へと結実します。

日本の海産物、干物をシンガポールや台湾へ輸出することから始まったイトウトレーディングのビジネスは、50 年以上に渡る会社の歴史の中で、海産物から陶器、食品原料、そして加工食品を扱うよう変化してきました。これまでの取引先は中東(カタール、バーレーン、シリア、サウジアラビア、クウェート)やヨーロッパ(ドイツ、イギリス、フランス、ベルギー、オランダ)、東南アジア(マレーシア、シンガポール、タイ、ベトナム、台湾)、北米(アメリカ、カナダ)、オーストラリアと、世界各国へ商品を輸出してきました。現在は北米を中心に、台湾、オーストラリアへと日々様々な商品を送り届けております。

私たちイトウトレーディングは今日まで、そしてこれからも、創業者である伊藤孝雄のハードワーク、友愛の精神、そしてビジネスへの情熱を、絶やすことなく持ち続けていきます。

創業者 伊藤孝雄